飛距離アップの強い味方!高反発ドライバーHAYABUSA(ハヤブサ)

飛距離だけじゃなく、スコアも劇的に進化したいなら...

高反発ドライバーHAYABUSAで飛距離は手に入れた。

 

しかし、思ったところに真っ直ぐ飛ばせない、とか、
アプローチショットやパッティング技術を上げたい!といった声を耳にします。

 

・・・そこで、
ここでは、ゴルフ上達のために最適なDVDを紹介していこうと思います。

 

書店では入手できない「ゴルフ上達虎の巻」と呼べる代物ばかりです。
どうぞ、ご期待ください。

 

関連サイトでもご確認いただけます。
 ゴルフ上達DVD講座情報


アーリーリリース改善DVD講座

 

突然ですが、ゴルフとは、前傾するスポーツですよね。

 

この点を理解していないアマチュアゴルファーが非常に多いのですが、
実は、アドレス時には骨盤も前傾しています。


背骨だけで前傾を作ってはいけません!


骨盤は背骨と連結、連動していますので、
『腰を回す』とか、『腰を切る』などのイメージで腰を回した時点で、
無意識に骨盤が水平になってしまうため、
連動している体(背骨)が起き上がってしまいます。

 

※骨盤が正しい前傾で構える事が出来ているアマチュアは多いのですが、
スイング中に正しい動きが出来ている人が非常に少ないです。
「プロゴルファーはインパクトまで絶対に骨盤を水平にはしません!!」

 

インパクト前に骨盤が起きてしまうということは否が応でも、
背骨も起き上がってしまうということが理解して頂けたと思います。

 

・・・ということは、腰を回したり、切るのではなく、
インパクトまでは前傾と同じ角度で斜め上に骨盤を回してあげるのが正解です。

 

このことは体では出来ているのですが、
仕組みまでしっかりと理解して出来ているプロゴルファーも実は少ないんです。

 

骨盤の正しい動きが出来ないゴルファーは、
無意識に体の軸がズレ、体の支点(骨盤と背骨のつなぎ目)が起き上がり、
その反動でトゥーダウンという現象が起こり『アーリーリリース』になってしまいます。

 

アーリーリリースと深い繋がりがあるトゥーダウンとは、
シャフトが通常のしなりとは逆で、重力の作用で下になってしまいます。
(クラブヘッドが惰性により落ちてしまいます)

 

ただ一つ言える事は「体で覚えようが、頭で覚えようが、
この動きを体得していなければプロゴルファーには絶対になれません。」
シングルゴルファーになるのも至難の業です。

 

このアーリーリリースという全てのゴルファーの難題を克服したら、
あなたはアマチュアゴルファーの上位1%に君臨することになります。

 

そうしたら、会社や町内会、
お友だち同士と回って負けるなんてこと・・・有り得ないでしょうね。

 

今まで勝ったり負けたりで楽しかった日々にサヨウナラ。

 

「本当、おまえ上手くなったなよなぁ?」

 

昔からの友人にそう言われたら、
あとは、このプログラムを教えるか?
内緒にするか?は、あなた次第です。

 

『プロゴルファー常住充隆』アーリーリリース撲滅プログラム
あなたも片手シングルプレイヤーになれる!

 
 
トップページ HAYABUSA動画 HAYABUSAの秘密 HAYABUSA口コミ・感想